ABOUT

What is World Marketing Summit ONLINE?

「マーケティングでより良い世界を」の理念を掲げ、現代マーケティングの父、フィリップ・コトラー氏が発起人となり、日本でも2014年より毎年開催されてきたワールド マーケティング サミット(WMS)。
コロナ禍の2020年、このサミットは、ワールド マーケティング サミット オンライン(eWMS)となって、世界中のビジネス・プロフェッショナルのために、オンラインで講演をお届けします。経営学の世界的権威を含めた70名以上のスピーカーが、世界100カ国以上の視聴者に向けて2日間同時に映像配信。ポストコロナのビジネス世界についてアイデアを共有します。そして、”Ideas for Critical Times”をテーマに、マーケティングの視点から社会的な課題に取り組み、持続可能な解決策を見出すべく活動を世界に発信することを目指します。

開催概要

テーマ

Ideas for Critical Times ~ 危機を乗り越えるためのアイデア ~

日時

2020年11月6日(金)AM 9:00〜8日(日)AM9:00

※連続48時間オンライン配信
※ライブ配信終了後、1ヶ月間映像視聴が可能

受講参加国・開催方法

世界100カ国以上で同時配信 & 開催後1か月間映像配信

  • 東アジア:日本、中国、韓国
  • 東南アジア:インドネシア、タイ、フィリピンほか
  • 南アジア:インド、パキスタン、バングラデシュほか
  • ヨーロッパ:英国、イタリア、ドイツほか29ヵ国
  • 北アメリカ:アメリカ、カナダ
  • ラテンアメリカ:ブラジル、アルゼンチン、チリほか33ヵ国
  • 中東:サウジアフリカ、イラン、イスラエル、UAEほか
  • アフリカ:南アフリカ、エジプト、モロッコほか(予定)
講演時間
各スピーカーは30~40分程度のオンライン配信を行います。eWMS(ワールド・マーケティング・サミット・インターナショナル)のチケットをお持ちの方は、48時間の連続参加も可能ですし、お好きなスピーカーやトピックを選んで視聴することもできます。
講師
企業経営者、経営学者、研究者などの世界的権威計70名以上
言語
講演の言語は英語(ほぼ全ての講演が日本語吹き替え付き)
講演内容は、アーカイブでも視聴可能(終了後1ヶ月間)

参加費

2日間の世界同時配信 + 1ヶ月のアーカイブ 映像視聴

会員価格
¥12,000(税込:13,200円)

一般価格
¥15,000(税込:16,500円)

1ヶ月のアーカイブ映像視聴のみ

会員価格
¥10,000(税込:11,000円)

一般価格
¥13,000(税込:14,300円)

会員価格対象

  • 日本マーケティング協会 会員
  • ハーバード・ビジネス・レビュー 定期購読者
  • NewsPicks 会員
  • 日本マーケティング学会 会員
  • 中部マーケティング協会 会員
  • 日本マーケティング・リサーチ協会 会員
  • 次世代マーケティング・プラットフォーム研究会 会員
  • Kellogg Club of Japan 会員
  • IMD Alumni
  • 広告関係団体連合会 所属会員
  • World Marketing Summit ONLINE 協力団体
主催(グローバル)
  • ワールド マーケティング サミット グループ(カナダ)
  • コトラー・インパクト社(カナダ)
主催(日本)
  • ワールド マーケティング サミット ジャパン カウンシル
  • 公益社団法人 日本マーケティング協会

メッセージ

新型コロナウィルスの世界的な大流行は、すべての業界と企業に困難で不確実な時代をもたらしました。そのような中でも、マーケターは常にポジティブであり続けなければなりません。最良のビジネス機会を求め、常に市場を開拓し企業と社会の発展につなげていく姿勢が重要なのです。

企業は今、厳しい決断に直面しています。当面の課題は、生き残りと資金繰りの管理です。 その次の課題は、新しいマーケティング戦略の策定、新製品サービスの開発、新しいパートナーシップの構築、または他社の買収など、先を見据えた施策を取る事です。 混沌とした時代は、常に新しいマーケティングと革新的な機会を生み出します。今がまさにその時です。

世界中のビジネスは、新たなアイデアを探し求めています。コロナと共に生きる新しい現実「ニューノーマル」を見据えて、ビジネスを様々な視点で考え、教育訓練し、斬新なアイデアで刺激する必要が求められています。新しい課題には、新しいソリューションが必要です。そんな現代のビジネス・ニーズを満たすために実施されるのが、世界104ヵ国100万人以上の視聴者を対象としたワールド マーケティング サミット オンライン(eWMS)です。

ウィズコロナ、ポストコロナ時代の新しいビジネスの学び、危機的な現代にあっても、明日の時代を生き抜くための斬新なアイデア、刺激的な議論にご期待ください。

ワールド マーケティング サミット グループ ファウンダー
ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院 教授
フィリップ・コトラー

公益社団法人 日本マーケティング協会 会長
ライオン株式会社 相談役
藤重 貞慶

ワールド マーケティング サミット ジャパン カウンシル

代表ご挨拶

ワールド マーケティング サミット(WMS)は、現代マーケティングの父であるフィリップ・コトラー教授によって2010年に設立されました。 WMSは、企業、公共部門、コミュニティーリーダーの知性を結集した世界的なアライアンスであり、コラボレーションです。マーケティング・アイディアやソリューションを探究し、社会や経済問題に係る事例の調査、社会的責任に則ったマーケティングを通して、持続性のあるビジネスソリューションを見出すべく活動をしています。WMSは、全世界で“新しいマーケティングパラダイム”を共有し、マーケティングを単なる「企業経営のツール」というレベルから「社会的責任に優れた企業戦略」とする事を目指すという特有のビジョンを持っています。

2014年から2016年にわたりワールド マーケティング サミットは、日本で開催。3年間で、世界を代表するマーケティング・リーダーが6,000名以上参加するなど、名実ともにマーケティングのメッカとして、日本から世界に新しいマーケティングの潮流を示していくことに成功しました。
この流れを受けて、2017年から世界の主要都市でワールド マーケティング サミットが開催されることになりました。東京では、2017年から2019年まで3回にわたり開催。延べ2,500名が参加しました。2019年は開催国が15都市に増加しています。

そして2020年。コロナ禍によって、社会をより良くするマーケティングの役割は世界中で求められていることが明らかになりました。今年は、オンラインで全世界の有識者とマーケターが集い、未来に向けて優れたアイデアを披露する場を提供する目的でワールド マーケティング サミット オンライン(eWMS)を開催いたします。

WMSで世界レベルのスピーカー、企業トップ、社会を変化させていくリーダー、といった方々とその場を共有することは、皆様の長期的なグローバルマーケティングビジョンに多大なインパクトを与える、重要な機会となる事でしょう。

「マーケティングを通してこれからのより良い世界を創造する」という使命に是非ご参加頂ける事を願っております。

ワールド マーケティング サミット ジャパン カウンシル 代表高岡浩三

スポンサー制度のご案内

ワールド マーケティング サミット ジャパン カウンシル メンバー

  • 高岡 浩三

    WMSジャパンカウンシル代表
    WMSボードメンバー
    ケイアンドカンパニー 代表取締役社長

  • フィリップ・コトラー

    WMSグループ ファウンダー
    ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院 教授

  • 藤重 貞慶

    公益社団法人 日本マーケティング協会 会長
    ライオン株式会社 相談役

  • 内田 和成

    公益社団法人 日本マーケティング協会 理事長
    早稲田大学ビジネススクール教授

  • 𠮷田 忠裕

    YKK株式会社 相談役

  • 稲田 健也

    全日本空輸株式会社 上級執行役員
    マーケティング室長

  • 古川 一郎

    日本マーケティング学会 会長
    武蔵野大学 経営学部教授

  • 根来 龍之

    早稲田大学ビジネススクール ディレクター

  • 加治 慶光

    ケロッグ・クラブ・オブ・ジャパン 前会長
    株式会社シナモン 代表取締役会長

  • ファヒム・キブリア

    コトラー・インパクト社
    チーフ・マーケティング・オフィサー

  • 柴田 光廣

    特別顧問

  • 石橋 昌文

    ネスレ日本株式会社
    マーケティング&コミュニケーションズ本部本部長
    チーフ・マーケティング・オフィサー 専務執行役員