NEWSニュース

特別対談「平和とビジネスの未来」フィリップ・コトラー教授 × 平野未来

ワールドマーケティングサミット2022は、特別コンテンツとして、世界のマーケティングの歴史をつくってきたマーケティングの父、フィリップ・コトラー教授が、将来の産業構造に大きな影響をおよぼすであろうA Iの技術をリードする会社、株式会社シナモン 代表取締役社長CEO 平野未来氏に語る特別セッションを開催します。

テーマは、「平和とビジネスの未来」。

現代マーケティングの父であるフィリップ・コトラー教授は、1970年代より「ソーシャル・マーケティング」や「ディ・マーケティング」を提唱し、マーケティングの知見による社会課題の解決を標榜してきました。

戦争や経済格差、ヘイトクライムが世界的な課題になっている今、ソーシャル・マーケティングの提唱者であるフィリップ・コトラー教授の言葉は、私たちに様々な示唆を与えてくれるでしょう。

聞き手は、世界経済フォーラム Young Global Leader 2022に選出され、内閣官房IT戦略室本部員および内閣府税制調査会特別委員(2020〜)の就任など、国内外で活躍する株式会社シナモン 代表取締役社長CEO 平野未来氏。

マーケティングの権威と次世代を担うリーダー。世代も国籍も異なる両者が、マーケティングの可能性について語り合う貴重な機会をどうぞお見逃しなく。



スピーカープロフィール


フィリップ・コトラー

ノースウェスタン大学 ケロッグ経営大学院 教授

詳しいプロフィールはこちら


平野 未来

株式会社シナモン 代表取締役社長CEO

詳しいプロフィールはこちら



柴田 光廣

ワールド・マーケティング・サミット ジャパン特別顧問
ワールドシフト・ネットワーク ジャパン 特別顧問 
コンサルタント 

1945年長野県大町市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、ノースウェスタン大学経営大学院(ケロッグ校)修了。バクスター・インターナショナルの米国本社及び日本法人で営業・企画課長及び事業部長を経て、イトーヨーカ堂経営政策室主事、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ジャパンのディレクター、ディズニーストア ジャパンの代表取締役総支配人、ロロ・ピアーナ ジャパンの代表取締役社長を歴任。その間一貫して海外の新サービスや新商品の日本導入に携わる。還暦を期に首の難病との共存を計るべくビジネス第一線からの引退を計画し、コンサルティング活動の傍ら、国際的非営利組織の支援活動に携わる。2004年7月よりグローバル・シンクタンク ブダペストクラブの日本アンバサダー。2008年4月より嘉悦大学経営経済学部教授、学校法人嘉悦学園顧問及び監事を歴任。2013年フィリップ・コトラー博士の「私の履歴書」執筆アシスト。執筆参加:「未来を創る経営者」(日本生産性本部) 「ワールドシフト」(ビオマガジン)「PEACE MARKETING」(Universitara Publishing House, Bucharest)


加治 慶光 

シナモンAI  会長兼CSDO(チーフ・サステナビリティ・デベロプメント・オフィサー) 
世界平和経済人会議ひろしま 特別顧問 
日立製作所 シニア・プリンシパル

青山学院大学卒業後、富士銀行、広告会社を経てケロッグ経営大学院MBA修了。日本コカ・コーラ、タイム・ワーナー、ソニー・ピクチャーズ、日産自動車、東京オリンピック・パラリンピック招致委員会、等を経て2011年首相官邸国際広報室参事官として、震災対応、SNS、ダボス会議、MDGs推進、クールジャパン、観光政策、2020オリ・パラ招致等を担当。その後2014年よりアクセンチュアにてブランディング、働き方改革、SDGs統合プログラム、地方拡張等を担当。2019年11月よりシナモンAIに参画。2016年Slush Asia Co-CMOも務め日本のスタートアップムーブメントを盛り上げた。観光庁マーケティング戦略委員。読売マーケティング賞審査委員長、日経広告賞審査員、鎌倉市スマートシティ推進担当参与等も務める。共訳・共著“戦略の経済学”、“パブリック・ディプロマシー戦略 イメージを競う国家間ゲームにいかに勝利するか”等がある。グロービス経営大学院教授。